【昭和ラブホ】廃ラブホ続出、滲み出る場末感…ラブホテル峠【愛知・新箱根】

国道1号線に交わる国道473号線。この国道沿いの新箱根と呼ばれるエリアに、ラブホテルがたくさんあるという噂を聞いて行ってきた。

竹千代

新箱根を南に走ると、まず、お城が見えてくる。ホテル竹千代である。
橋の上からは竹千代の全貌が眺めることができる。

竹千代さんは休業中です(2016年夏確認)
shinhakone_e

竹千代入口

蜘蛛の巣がびっしり!こんななりでも絶賛営業中!

shinhakone_i

ラブホテル峠をぐんぐん進むと、目に飛びこんでくる渋い看板はホテル夢のもの。

shinhakone_h

加美家

こちらも渋い外観。現役です。

shinhakone_a

ホテル嵯峨

shinhakone_g

オレンジ

黒いブツブツがなんだかグロテスクなホテルオレンジの看板。

shinhakone_c

スワン

看板に書かれた「 人OK」の文字が意味するものが何なのか…。

スワンさん、廃業されました。(2016年3月確認)
shinhakone_b

水月

shinhakone_d

きらくな宿

ほとばしる昭和のセンス…!

shinhakone_f

場末感を超越した場所、それが新箱根

あちこちにラブホテルの看板がたっている、「ラブホテル峠」とも言える地域だが、場末感も通り越した、廃墟廃墟廃墟廃墟のオンパレード。どの建物も解体されずひっそりとたたずんでいる。敷地内に民家がある廃ホテルもあって、現在は住居として利用されているところもあるようだった。ここらで現役なのは、数店舗。もはや廃ラブホテルのほうが多いのが現状だ。

まとめ

この国道は、狭い道・カーブが多い上に、トラックの通行量がそこそこあるので、運転の際は要注意!ぜひステキな場末ラブホテル峠をドライブしてみてね。

愛知県 国道473号線(新箱根エリア)