【伊勢べんきょう部屋】スペースシャトルが走る!211号室【三重】

こちらの記事では、本文のみがご覧いただけます。写真(全5枚)をご覧いただくにはnoteを、本文加筆修正+web未公開写真をご覧いただくには「あまみのラブホ探訪vol.1」をご覧ください。

「エンゼル」からほど近い場所に位置していて、国道23号線(南勢バイパス)の側道沿いにあるので、柏町の交差点から側道に入ると人目につかず、かつ、わかりやすいと思う。

benkyobeya_01
今回は、211号室に入室。モーテル型なので、211号室のガレージに駐車し、シャッターを下ろして、後ろのドアを開ける。

水回り

階段をあがると211号室の玄関だ。玄関をあけると、広いスペースにトイレ・バスルーム・洗面台・出前専用扉がある。

アメニティは基本的なものはそろっているし、貸出シャンプーもあるが、ドライヤーがビジホでよく見る風量の少ないタイプなので、髪の長い人はタオルでしっかり水分とってから乾かそう。バスルームには、マットと黄金のスケベ椅子のアダルトなセットが置かれていた。

メインルーム

バスルームの向こうにドアがあり、その向こうがメインルームになっている。壁紙は星と月の柄、広々とした奥行きのある部屋…と、くればあるのはもちろんアレ!

ベッド

堂々のおでまし!スペースシャトル型ベッド!!!しかし、べんきょう部屋のスペースシャトル型ベッドは一味違う。きちんと乗り込まないといけないのである。

いざ搭乗~

ベッド側面の階段をあがり、ふかふかのベッドに飛び乗れば、みんな大好き「発進ボタン」のおでまし!発進ボタンをぽちっとすると、スペースシャトルは前後に動く。天井には鏡が張られていて、照明が反射し、きらきら輝くさまはまるで宇宙に瞬く星のよう。

サービス

ひとしきりベッドで遊んだので、小腹が減った。ここのホテルはサービスのお菓子が置いてあり、この日置かれていたのはカスタードケーキ(2コ)・こつぶポテコ・ソフトサラダミニ・プリッツだった。ミニチキンラーメンも置かれているので、小腹を満たすには十分だ。さらに13~24時まではハーゲンダッツ(75ml)の無料サービスもある。

素晴らしい!ただし注意点も

サービスも部屋も素晴らしいべんきょう部屋だが、ただ、この部屋、ものすごく広いので、入ってから涼しくなるのに2時間ほどかかった。この日は大変暑い日で、とりあえず冷房のスイッチだけを入れたのだけれど、そのあと扇風機が置いてあることに気付いて、入室後はさっさと冷房・扇風機をダブル稼動させるといいのかもしれないなぁ、と思った。

今回は2時間の利用で4,850円。このエリアでは少しお高いめではあるが、それ以上の満足感がここにはある!ぜひスペースシャトル型ベッドで童心に返って楽しんでいただきたい。

【利用料金】
休憩2時間 4,350円
宿泊 21~翌12時 9,800円
ノータイム
6~12時
12~17時
17~20時
5,850円
※税込
※土日祝の休憩・ノータイムは+540円
※土・祝前日の宿泊は+1,080円
※利用料金は変わることが
あるかもしれませんので、
予めお問い合わせされることを
おすすめします。

べんきょう部屋

住所:三重県伊勢市柏町1288-1
電話番号:0596-37-1179

ABOUTこの記事をかいた人

逢根あまみ

終末トラベラー主宰。昭和遺産ラブホテル、終末観光の記録しています。昭和遺産ラブホテル同人誌「あまみのラブホ探訪」の発行、トークイベントなどもしています。
【お仕事・イベントなどの履歴】