【ナポリパート2】UFO×回転ベッドの昭和ラブホ 307号室【三重・松阪】

ナポリPart2は、2015年5月25日の宿泊をもって休館されました。

先日、Twitterで松阪の昭和遺産ラブホテル「ナポリPart2」が閉店することを知った。これは行かねばなるまい!…と、早速部屋の予約をするべく電話をした。

そして、当日

ホテルに到着後、予約していた旨をインターホンで伝える。「じゃあ今から開けるから、パネルのボタン押して上がってください~」と、電話の時のおばさんと違う方で、おじさんだった。インターホンがプツっと切れると同時に、パネルがパッと灯り、色あせた、UFOを模したベッドの写真が表示された。

「ご自由にお使いください」

パネル横のエレベーター前には、「ご自由にお使いください」と書かれた貼り紙と共に、ポンプタイプのビオレと、何故かTENGAが置かれてた。誰がどうしてTENGA使うんや…?と思いながら、3階へ上がる。

napori-part2_307_1

玄関

エレベーターを降りてすぐの角を曲がると307号室がある。ドキドキしながらドアを開けると、狭い玄関がお目見え。
手を伸ばせば届くくらいのところに、客室へ続く建付けの悪いドアがあった。この玄関からすでにグレーというかシルバーというか、微妙な色の壁紙がみっちりと貼られてて、宇宙空間の再現に余念がない。

メインルームへ

客室へのドアを開けると、目の前にはUFOのような円形ベッド、天井にはギラギラと青く輝くネオン、壁には鏡が張られている。

ベッド

ヘッドボードには、左回り・停止・右回りのボタンがあり、ベッド下部が赤く点滅しながらきちんと稼動する。とはいえ、左回り・右回りのどちらを押しても、反時計回りにしか回らなかった。ベッドが回ると、キィキィと軋んでなんとも悲しげ。ギラギラと輝くネオン、赤く瞬くベッドのランプがさらに終末感を感じさせてくれて、ノスタルジーな時間を堪能できる。

napori-part2_307_2

UFO一色

豆電球で描かれた「UFO」の文字は、残念ながら点りはしなかったけど存在感はすごかった。

napori-part2_307_3

水回り

バスルーム

玄関の左側には、ガラス張りのバスルームがある。ガラスには、ステレオタイプなUFOイラストが描かれ、昭和臭が倍増してる。バスルームのドアに、「お風呂のスイッチは枕元でお願いします」と書かれてた。一体、どんな気持ちで、このガラスを隔てて、女の子の裸を眺めるんだろう。

napori-part2_307_4

トイレ

宇宙空間を、ある意味ここまで完璧に再現したのに、トイレの壁は超ふっつーな白いタイルだった。これは意外。てっきり銀色だと思ってた。

会計


そして、このホテルのお会計は現役のエアシューター。現代人にはなかなかできない貴重な体験ができる。肝心のお値段は、2時間3,800円(土日祝)こんなアトラクションベッドを楽しめてこのお値段!

この部屋を楽しめるのは後にも先にも、2015/5/25まで!!少しでも気になる方はぜひ足を運んでくださいね!

ナポリパート2

住所:三重県松阪市立田町263
電話:0598-28-5555