【ホテル星の王子さま】高級感と退廃美の融合 112号室【岡山】

岡山県東区。国道2号線沿いにある、星の王子さま。
113号室を見終わったあと、続いて112号室もラブホ探訪させていただいた。

ムードのあるお部屋

113号室に比べると広々としていて、ゆったりと過ごせそうだ。
洋館なんかにありそうな立派な(?)柱まであり、高級感を演出している。

水回り

水回りはベッドのすぐ横に配置されていて、脱衣所はないもののベッド横なので特に不都合はないように思う。

hosinooujisama112_1

アメニティー

洗面所には、男性用化粧水類・女性用化粧水類・マウスウォッシュ・カミソリ・ヘアブラシ・ハブラシ(×2)・シャワーキャップ・ヘアバンド・コットン・ファブリーズがセットされている。

バスルーム

バスルームは、一見よくある普通のバスルームに見えるけど、よくよく見るとバスタブが埋まっている。なんだこりゃ…。
113号室同様、シャンプー・リンス・ボディソープが設置されていて、別途レンタルシャンプーをお願いすることもできる。

ベッド

hosinooujisama112_3

メインディッシュのベッドは、ベルベット調の円形ベッド!
円形ベッドと一言で言っても、他のものと一線を画す素晴らしさ!
ふっくらしたシルエットに、ワインレッドをメインの色にしたダマスク柄のベルベット、そしてゴールドのラインがアクセントになっていて、高級感にあふれている。
しかし、そんな高級感とは裏腹に経年劣化が激しくて、天蓋の布は房の部分から裂けているし、ベッド付属の照明の一つは割れてガムテープで補修されている。
こんなに劣化しているけれど、それでもこのベッドはこの部屋で待っていてくれたような気すらして、とても愛おしい。

ゆっくりできる工夫も

とはいえ、この部屋の中で時代に合わせた変化というのもある。ベッドのヘッドボードにプロジェクターが設置されているのだ。
ベッドから足元の方へ目をやると、壁にスクリーンがある。ゆっくり過ごすときに重宝する、嬉しい設備だ。

高級感と終末感が同居するこの空間を、ぜひ、実際に味わってみて。

星の王子さま

住所:岡山県岡山市東区一日市19
電話:086-297-7711