【Q&P】メルヘンなお部屋は見所満載!505号室【大阪・十三】

ニューライン解体をこの目で確認しに行った日のこと。変わりゆく十三のラブホテル街をフラフラと歩いている時のことだった。外壁にデカデカと、内装写真を掲げているラブホテルに気付き、なんとなく入店してみた。

数々の素晴らしい部屋が…!

そのラブホテルの名は「Q&P」だ。入店時は8〜9割は在室中という盛況ぶり。客が入り、消灯したパネルをまじまじと見てみると、遊具のある部屋が非常に多い。あれもこれも入りたい…とは思ってみても在室中でいつ空くかもわからないので、空いている部屋の中からコーヒーカップの遊具がある部屋を選択する。これはスゴいぞ、とドキドキしながらエレベーターに乗り込む。

ドキドキの対面、になるはずだった

ホテル内はかなり広く、中央には吹き抜けまであり、観光ホテルのようだ。505号室のドアを開けると、おなじみの自動精算機の声に出迎えられる。真正面にはメインの部屋へのドアが。ゴールドのドアハンドルをゆっくり押して隙間から部屋の中をそろりと覗くと…コーヒーカップはなく、がらんとしたスペースの奥にベッドがあるだけだった。

しかし見所はちゃんとある!

正直なところ「あーあ…」な気持ちはあったものの、それでも昭和遺産ラブホテルとしての見所はきちんとある。

ベッドまわりにも

ヘッドボード側の壁にはあのキャラクターのイラスト(=絶対あかんやつ)が描かれている。コーヒーカップがあった時には、それはもう遊園地のような雰囲気だったのだろう。目線を上に移すと、天井にもイラストが。

ベッド周辺の柱やクローゼットも、ホワイトとゴールドを基調としたメルヘンなデザインで、過去の内装を思わせるものだ。また壁紙は、ゴールドのベルベットで高級感を演出している。

バスルームにも

バスルームは経年劣化は否めないものの、綺麗に清掃されている。タイルの壁にはファンシーなイラストが一面に描かれている。バスルームはガラス張りになっているので、メルヘンな部屋との統一感もある。

メルヘンとは正反対の貼り紙

部屋もバスルームも、メルヘンな雰囲気が残っているな〜とメモを取りながらトイレに入ったところ、壁に貼られた紙が目に入った。内容はちょっと…せっかくメルヘンな部屋なのでね…。

室内

改めて室内の設備を確認していく。持ち込み用冷蔵庫と、自販機冷蔵庫の両方が設置されている。ミネラルウォーター(500ml)と、コーヒー・緑茶・紅茶(各2個ずつ)はサービス。駄菓子もサービスで置かれている。Blu-rayのプレイヤーもある。

水まわり

洗面台

比較的広めな印象の洗面台。水道はお湯と水がそれぞれ出るので調節が必要なタイプ。

アメニティ

  • フェイスマスク
  • 入浴剤
  • スポンジ
  • ヘアゴム
  • ヘアブラシ
  • ハブラシ(×2)
  • カミソリ
  • コットンセット
  • シャワーキャップ

以下6点は、ボトルで設置されているもの。

  • トリートメントウォーター
  • ローション
  • 乳液
  • クレンジングオイル
  • ミルキーワックス
  • フェイスソープ

ドライヤーはホテル専用(壁掛け型)タイプ。

バスルーム

比較的広めのバスルーム。バスタブは、大人二人でも入ることができるくらいのサイズ。

  • ボディソープ
  • シャンプー
  • コンディショナー

これらはボトルで設置されていて、資生堂のもの。

トイレ

トイレはシンプルなもので、ウォシュレット等はない。また、個室にはなっておらず、水まわりの一部として配されている。

充実のサービス

Q&Pでは、メンバーサービスも充実している。メンバーズカードは有料ではあるが即日利用可能。2時間以上の利用で、ウェルカムドリンク・スイーツをいただくこともできるので、作っておいて損はないだろう。

まとめ

交通の便が良く手頃な価格で利用でき、メンバーサービスも充実している。内線の対応も丁寧にしてくださるので、好感が持てる昭和遺産ラブホテルだった。屋上の看板は以前のホテルのものが残っているのも是非チェックしてほしい。パネルの写真と異なっていたのは残念だけど、遊具が残っている部屋もあるそうなので、ぜひ再訪したい。

休憩におすすめ
参考価格:休憩 3,750円
(昼間3時間ほどの利用)
利用料金、設備は2016年訪問当時のものです。料金は、利用日・時間帯によって変わります。この記事の限りではありませんのでご注意ください。

ホテルQ&P(キュー&ピー)

住所:大阪府大阪市淀川区新北野1丁目8−7