【ホテルプリンセス】ファンシーなピアノベッドで良い夢を☆15号室【静岡】

東京と名古屋の中間くらいに位置する静岡県焼津市。
カツオ節の生産で知られるこの町にも昭和遺産ラブホテルがある。

海に近いホテル

焼津駅と大井川河口のちょうど真ん中くらいにあるホテルプリンセス。海はすぐそこだけど、オーシャンビューというわけでもなさそうだ。外観はとっても地味で、夜だと気付きにくい。本当にここが…?と疑ってしまうくらいだ。

駐車場はめちゃくちゃ暗い

駐車場への入口は少し狭めでこれまた気付きにくい。敷地内は結構暗いので運転には注意が必要だ。昔ながらのモーテルにはありがちな狭さに加えて、暗さも加わると駐車も一苦労なので訪問の際は注意してほしい。

princess15_001

15号室、入室

今回は15号室を探訪することにした。車を停めて、15号室のドアを開けると階段が上へ伸びているので上がって行く。部屋へのドアを開けると、中は真っピンク!いろいろ見て回りたいが、まずは水回りへ。

水回り

トイレ

トイレはとてもきれいで、ウォシュレットも完備。床もフラットで安心だ。照明は自動で点灯する。

洗面台

シャワー付きの洗面台は、スペースも広くて使いやすい。アメニティグッズ、ドライヤーなどが設置されている。洗面台も照明は自動点灯。

princess15_002

アメニティ

資生堂の化粧水、乳液、洗顔、メイク落としがボトルで置いてあり、他にもヘアバンド、シャワーキャップ、コットン、入浴剤(2種)、ヘアブラシ、ヘアクリップ、かみそり、歯ブラシ(2本)も置かれてる。

バスルーム

バスルームはちょうどよい広さ。壁のタイルは幾何学模様とカラフルな石があしらわれていて、80年代っぽい可愛さがある。

princess15_003

メインルーム

この部屋は入口からみて2つのスペースに分かれていて、一つはベッドルーム、もう一つはバーカウンターとなっている。

バーカウンター

レンジや冷蔵庫(自販機と持ち込み用の両方がある)、TVやブルーレイプレイヤー、コンビニボックスなんかもある。レンジの上には何故かサランラップ…。備え付けのカップも可愛い。

princess15_004

ベッドルーム

そしてこの部屋のメイン、ベッドはなんとピアノ型!クリーム色とピンク色の可愛らしい印象のベッドだ。ボディにはエナメルを使用していて、ピアノのツルツル具合をうまく再現している。ピアノの屋根を模したヘッドボードは鏡になっていて、枕元が映り込むようになっている。側面には鍵盤も。めっちゃメルヘン!

princess15_005

もうひとつの特徴

この部屋のもう一つの特徴はやたらフラミンゴまみれなこと。壁紙、天井、ドアの装飾とあらゆるところにフラミンゴ。実はこの部屋、「ヘルタースケルター」という名前がついている。ヘルタースケルターとは英語で狼狽、混乱を意味する言葉らしいが、このフラミンゴ効果で混乱どころかめちゃくちゃ統一感ある部屋に仕上がっている。どこらへんが”ヘルタースケルター”なんだろうか…。

princess15_006

会計

この日は2時間の利用+メンバーズカードの購入で、合計4,700円。自動精算でクレジットカード決済も可能だ。
※価格は変わることがあります、参考程度にしてください。

まとめ

道中も駐車場も暗く、入るまでは少し不安もあったものの、部屋の中は素晴らしいベッドが設置されていて、見ごたえのある良い昭和遺産ラブホテル。お近くの方も、旅の方もぜひ利用してみて。

ホテル プリンセス

住所:静岡県焼津市一色1548-40
電話:054-624-2015