鳥取のローカルスーパーで買ったものとかいろいろ【鳥取・島根】

先日、山陰に行った時に鳥取で購入したいろいろ。
ほとんどのものはローカルスーパーで購入しているけれど、そうではないものは別途記述。また、山陰地方のものではないものが含まれている場合もあるが、今回は特に深く考えていないのでご容赦願いたい。

ヤマニ 荒磯カットわかめ

カラフルな色づかいと、肉厚な文字デザインが印象的なわかめのパッケージ。左上のマーク「ヤマニフタミ印」も昭和の趣が残る無骨なデザインで素晴らしい!三重にある広伝株式会社の商品で、他には昆布やひじきなどもあり、特にひじきのパッケージもインパクトのある素晴らしいものだった。

松崎製菓 松崎のたまごせんべい

可愛らしく駆け抜けるにわとりたちのイラストがなんとも愛らしい、昔ながらのお菓子。せんべい一枚一枚ににわとりと商品名の焼印が入っているのも◎

児玉製麺 特撰出雲そば

出雲市の児玉製麺の出雲そば。出雲大社のイラストが添えられていて、ご当地らしさが前面に出ている。

南目製粉 きなこ

南目製粉の青豆粉パッケージは、深い緑色に金色の文字やイラストが印象的なデザイン。200年以上製粉業をされている南目製粉では、きなこやだんご粉を中心に製造されている。だんご粉のパッケージも大変可愛らしかったので、機会があれば手にとっていただきたい。

小西本店 錦味噌

モスグリーンに紅葉の柄が雅なパッケージ。”紅葉の錦”を含んだデザインだろうか?webサイトにアップされているCM動画も良いのでぜひご覧いただきたい。

三宅本店 千福(上撰Vパック青)

立ち寄ったコンビニ、ポプラで見つけたお酒「千福」。紺色の市松模様に、差し色の千福ロゴが気に入って購入。紙素材のワンカップ。

槙本風味堂 ジャージーサブレ

蒜山高原SAで購入した蒜山ジャージーサブレ。舌をペロリと出した牛のイラストに惹かれて購入。サブレは小分けされていて、そのパッケージのイラストやデザインも可愛らしかった。

外箱のフタを開けると、そこにもお茶目な牛のイラストが…!

ABOUTこの記事をかいた人

逢根あまみ

終末トラベラー主宰。昭和遺産ラブホテル、終末観光の記録しています。昭和遺産ラブホテル同人誌「あまみのラブホ探訪」の発行、トークイベントなどもしています。
【お仕事・イベントなどの履歴】