【レトロ自販機】ポテトボーイと駄菓子屋のある風景

この記事はinstagramの画像をまとめた記事です

5月上旬、下道での山陰旅で、県道267号を走った。県道267号は、国道9号線におおよそ並行している県道で、昔ながらの町並みと、静かな海の音が心地よい道だ。

ポテトボーイ自販機

kotoura-akasaki_001

塩谷定好写真記念館より少し東に、レトロな自販機「ポテトボーイ」がある。ポテトボーイはスナック菓子を販売する自販機。でもここのものは故障中で非稼働だった。貼り紙が比較的新しいので最近故障したのかもしれない。なんにせよ残念…。

羽田井屋

kotoura-akasaki_002

そこからしばらく、昭和な街並みを進んでいくと、紺色ののれんに「大判焼 羽田井屋」と書かれたお店がある。

kotoura-akasaki_003

表では駄菓子が売られ、お店の奥では、近所のこどもだろうか、男の子たちが騒がしく某妖怪ゲームを楽しんでいる声も聞こえた。

kotoura-akasaki_004

お店はおじさんが一人でされていて、元々は35年ほど前におじさんのお母さんがお店を始められたそう。

ハリマヤ製菓のビスケット

kotoura-akasaki_005

店先にある「ハリマヤ製菓」のビスケットの缶は、お店をするよりも前からあったそうだ。看板に書いてあるとおり、駄菓子の他に大判焼や、中国茶や紅茶も非常にリーズナブルな価格で提供されてた。

他にも昭和遺産が

餅屋の看板

kotoura-akasaki_006

宮本酒店

kotoura-akasaki_007

お店のまわりには、お餅屋さんや酒屋さんの看板もあり、ノスタルジックな時間を満喫できた。

近くに来た際には、国道9号から少しそれて、ノスタルジックな海辺の町を散策するのもおすすめです。

大判焼 羽田井屋

住所:鳥取県東伯郡琴浦町赤碕1280−1