【HowToラブホ】ビル・モーテル・戸建……客室の選択方法や共用部分について

ラブホテルには、部屋の選択方法や共用部分にいくつかタイプがあります。ここでは、ラブホテルのタイプをご紹介します。

ビルタイプ

type_1

ビルタイプは、フロントやロビーがあり、そこに部屋を選ぶパネルが設置されています。部屋の写真や料金が記載されているパネルにはボタンがついているので、気に入った部屋を選んでボタンを押し、部屋へ移動します。

パネルの写真が点灯中は空室消灯している場合は入室中です。また、パネルのボタンを押すと誘導灯が点き、部屋まで案内してくれる場合が多いですが、古いホテルでは、和室・洋室のみ選択可能で、鍵を直接受渡しの場合もあります。

ワンガレージワンルームタイプ(モーテルタイプ)

type_2

モーテルとも呼ばれるこのタイプは、ガレージに部屋番号が書かれていて、好きな部屋の番号が書かれたガレージに駐車し、入室します。

多くは、ガレージの上や奥に部屋があるので、ガレージ付近のドアから部屋へ移動します。郊外のホテルでは、シャッターを下ろすことができるラブホテルや、徒歩で入室する人用に「入室中」看板が設置されているところもあります。

戸建タイプ

バンガローのように、1棟1棟独立して並んでいます。入室の仕方は、ワンルームワンガレージと同様です。戸建型は郊外の土地が広くとれる場所にあることが多いです。

私が発行している昭和遺産ラブホテルの同人誌をBOOTHにて販売中です!

あまみのラブホ探訪vol.3
奈良県の老舗ラブホテル「アイネ香芝店」「アイネ五條店」を総力特集!室内の紹介・レポートに加えて、この二店のオーナーと五條店スタッフへのインタビューも掲載しています。

回転ベッドは恋人たちの夢を見るか?
昭和遺産ラブホテルで、今もまだ生き残る回転ベッドをまとめた写真集。28ページに渡って、現代に残る貴重な回転ベッドをご覧いただけます。

ラブホの手帖シリーズ
昭和の趣の残るラブホテル=「昭和遺産ラブホテル」の細部をまとめるシリーズ「ラブホの手帖」。

BOOTHページでみてみる

最新情報はTwitterで