ラブホテルのコロナウイルス対策聞いてみました【福岡・ロアンヌ】

いろんなお客様が来店するラブホテルは、お客様との接触・交流が少ないこともサービスのひとつとされています。それ故、コロナウイルスの混乱下でどのような状況になっているのか、どのようなコロナウイルス対策をしているのか、不透明に感じている方もいらっしゃると思います。

また、このサイトをご覧いただいている「昭和遺産ラブホテル」が好きな方にとっては、ラブホテルがどのような状況であるかが心配な方も(私自身を含め)いらっしゃるはず。

ラブホテル業界における、対コロナウイルス保障制度について署名活動もされている、福岡県福岡市の「ホテルロアンヌ」のフロント係の方に、コロナ禍における状況などをお聞きしました。

ホテルロアンヌの詳細については、記事の下部にまとめています。ぜひご覧ください。コロナ禍における当サイトの考え方や思いについては、こちらをご確認ください。

コロナ禍の状況と、対策について

現在のホテル・ホテル周辺はどのような状況ですか?
まず、ホテル周辺の状況ですが、人の往来がほぼありません。博多駅前という立地なのですが、5月5日現在、博多駅周辺の施設・飲食店が軒並み休業しています。 3密を避けるため、電車を避けている方も多いからかと思います。ホテルの中に入ってしまえば安全ですが、駅前の当店に来るまでがお客様には不安なのだと思います。
また、当店はお部屋の内装に数十万以上するインテリア類など、貴重な物を使用して非現実的な空間を演出したり、高品質の設備・レンタル商品・アメニティなどサービスに力を入れています。そのため、比較的利用料金も高めになっております。良いサービスを追求した結果、経費がかかっているため、日々悩んでいる状態です。今まで、週末には満室だったご宿泊についても、日々変動はございますが、現在は大変少なくなっております。
スタッフさんはどうですか?
上記のような状況ですので、シフトカットをされた従業員たちも多くおります。 当店の従業員は20~30代が多く、若く活気のある従業員が中心となっております。1日でも早く今までの日常に戻り、仕事をしたいと思っていると思います。 私個人といたしましても若いスタッフの夢や目標、生活、そしてお客様を含め皆様の健康がいつも心配です。それに、私自身の仕事もいつかなくなるのではないかという不安もあります
実施しているコロナウイルス対策を教えてください!
まずお部屋の清掃に入ってすぐに窓を開けて換気をし、次亜塩素酸水で除菌・清掃しております。
特に、リモコンやエレベーターのボタンなど人の手がよく触れる部分に不安があるかと思いますので、人の手がよく触れる部分、ドアノブや電話、カラオケのマイクなどは念入りに除菌しております。また、ロビーやフロアはアルコール消毒に加えて、次亜塩素水入りの加湿器で加湿除菌を行っております。個人のコロナウイルス対策として手洗い、うがい、マスクの着用と言われておりますので、お客様にイソジンの貸し出しを行っております。また、1階ロビーには次亜塩素水を設置して、お客様には手指消毒・うがいのご理解ご協力を心よりお願い申し上げます。
それからお部屋に設置しているうがい・歯磨きに使用するコップ、お飲物を召し上がる際に使用していただくためのグラスを使い捨ての紙コップへと変更しております。
当店スタッフについては、出勤時に検温して37.5℃以下の者のみが勤務し、うがい・手洗い・マスク着用を徹底しております。当店は掃除機や布団乾燥機なども良質なものを使用し、日頃から特別な清掃を行い、快適な空間を過ごしていただけるように励んでおります。 除菌風景や特別清掃風景など、気になられる方がいらっしゃいましたらHPやSNSにて動画をご覧になれます。よろしければそちらもご覧ください。

車移動の方が増えているようですが、駐車場はありますか?
建物1階に駐車場がございます。最大6台まで駐車可能です。タクシーでのご来店も増えております。
周辺に、上限設定のあるコインパーキングも数カ所あります。とはいえ、どこも収容台数が多くはないので、いくつか確認しておくと安心です。
利用者にお伝えしたいことはありますか?
緊急事態宣言が出ている中、自粛して好きな人と会わないという判断をされている方々はとても立派だと思います。この状況が落ち着き、皆様が健康な日々を取り戻された際には、ご来店を心よりお待ちしております。また、大変な状況の中で当店を信頼してくださり、ご来店してくださるお客様には心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。ご来店の際はどうかお気をつけてお越しくださいませ。

緊急融資を求める署名活動について

ロアンヌさんは緊急融資を求める署名活動もはじめてますよね。どういった活動でしょうか。

現在コロナウイルスによって経営に深刻な影響が出ており、このままでは数か月後にはホテルの維持費から従業員の給与まで、支払うのが難しくなってしまいます。そのため公庫の緊急融資から借り入れしたいのですが、現在4号営業のラブホテルは融資の対象から除外されております。
私たちは国の認可を受けて法律に基づき営業し、納税の義務も果たしております。さらにこの状況下で、福岡県では4月より宿泊税の徴収を始めました。私たちは宿泊税の徴収と納税も義務付けられているため、徴収・納税いたします。
私たちはホテル業として国に認可され、納税し適法に運営している企業にも関わらず「ラブホテルだから」「国民に風俗営業を“仕事”として理解してもらうのが難しいから」という理由で除外されていることに疑問と深い悲しみを感じております。
そんな業界と業界各関係者、従業員や応援・心配してくださる方々、お客様のためにも、まず審査だけでも受けたいと思い、そのため署名を集めようと考えた次第です。

良いイメージを持たれない業界であることは承知しております。ですが、誰かのためになっているという気持ちと、イメージが少しでも良くなったらという気持ちで仕事には愚直に取り組んでいます。
これを機にほんのちょっとでも、社会の片隅にあるラブホテルを知っていただけたら嬉しいなと思っています。

署名活動詳細

署名活動については、Twitterに詳細を記載されています。

署名活動を実施しているwebサイトは下記リンクからご覧いただけます。

対策についてのアナウンスページ

ホテルロアンヌでは、コロナウイルス対策についてのアナウンスページも公開されています。

ホテルロアンヌとは

福岡県福岡市にあるラブホテル「ロアンヌ」は博多駅近くで営業しているラブホテルです。

SNSでの発信も積極的にされていて、特にInstagramではたくさんの美しい客室写真も投稿されています

全室Chromecastを導入したり、本格的なSMルームを設定されていたり、さらにルームサービスや豊富なレンタルサービスなど、手厚いサービスにも力をいれておられます。

客室の写真や、料金などの詳細については、カップルズや公式サイトにてご確認ください。

ホテルロアンヌ

住所:福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目23−7
(アイキャッチ写真提供:ホテルロアンヌ Twitter)

私が発行している昭和遺産ラブホテルの同人誌をBOOTHにて販売中です!

現在、一部作品については送料無料にてお届けしています。この機会にぜひご利用くださいませ。

あまみのラブホ探訪vol.3
奈良県の老舗ラブホテル「アイネ香芝店」「アイネ五條店」を総力特集!室内の紹介・レポートに加えて、この二店のオーナーと五條店スタッフへのインタビューも掲載しています。

回転ベッドは恋人たちの夢を見るか?
昭和遺産ラブホテルで、今もまだ生き残る回転ベッドをまとめた写真集。28ページに渡って、現代に残る貴重な回転ベッドをご覧いただけます。

ラブホの手帖シリーズ
昭和の趣の残るラブホテル=「昭和遺産ラブホテル」の細部をまとめるシリーズ「ラブホの手帖」。

BOOTHページでみてみる

最新情報はTwitterで