【松江市・ホテルミルキーウェイ 206号室】貴重なマリンボールが今でも楽しめる客室【VRラブホ】

今回は古の掲示板書き込みを頼りに、“丸いベッド”を探しに島根県松江市へ。果たして目的の客室に出会えるのか……

島根県松江市へ

松江市から国道431号を東へ、境港に向かう途中にあるのが「ホテルミルキーウェイ」だ。

看板

90年代前半の雰囲気を感じる看板は、当時は都会的な印象を持たれていたのでは……と思わせるデザイン。

看板で左折して細い道をあがっていくと、守衛所のような小さな建屋があらわれ、その背後にホテルミルキーウェイの建屋がドンと構えている。

ミルキーウェイ 看板
ミルキーウェイ 看板

念願の206号室へ

今回の目的は206号室だ。実は、4年前の春に一度訪れているのだが、その時目的の部屋は空いておらず、スケジュールの都合で泣く泣く帰ったのだった。今回は念願の再訪問。

ミルキーウェイの206号室を目的としたのは、インターネットの広大な海で見つけた古い掲示板の書き込みがきっかけ。果たして目的のものは残っているのか……。ホテルミルキーウェイはモーテルタイプで、206号室のガレージを見たところ部屋の写真はない。こういうとき、うっかり期待してイメージと違うことでガッカリしてしまうのは世の常だ。「期待するな、期待するな」と、高鳴る胸に言い聞かすように、深く呼吸をしながら車にある荷物をまとめていく。

ミルキーウェイ ガレージ周辺
ミルキーウェイ ガレージ周辺

206号室は階上に客室があるので、階段で移動する。メルヘンチックなパステルカラーの建物に入り、鮮やかなグリーンの階段をゆっくりのぼる。異様に胸がドキドキするが、これはきっと運動不足で階段をのぼっているせいだ。きっとそうだ。

いざ、入室

ドアを開けると広めの玄関。段差が高く、鈍臭い私は油断すると足を引っ掛けてしまいそうだ。

水まわり

玄関から右手奥を見ると水回りがある。

トイレ

いちばん手前に位置しているのがトイレだ。白、ベージュ、ピンクなど淡い色合いでまとめられている。便座シートやナプキンなども設置されていて、気遣いが感じられるトイレだ。

ミルキーウェイ206号室 トイレ
ミルキーウェイ206号室 トイレ

洗面所

洗面器の両サイドにスペースがあるので使用感の良い洗面台。また鏡も大きいことも利便性が高い。

かなり奥まった場所にある洗面所だが、ほかの部屋に比べると明るい気がする。

ミルキーウェイ206号室 洗面台
ミルキーウェイ206号室 洗面台

バスルーム

バスルームはかなり広く、全体的に経年劣化は見られるものの清潔にされている。

ミルキーウェイ206号室 バスルーム
ミルキーウェイ206号室 バスルーム

バスタブはTOTO製で金ラメのもの。少し赤みが強く、カッパーっぽい気もする。バスタブ自体の大きさは標準的なものだと思う。ここも白や水色を基調にしていて、さわやかな印象だ。

ミルキーウェイ206号室 バスタブ
ミルキーウェイ206号室 バスタブ

アメニティ

男性向け(パウチ)

  • 化粧水ジェル
  • 養毛剤

女性向け(パウチ)

  • クレンジングオイル
  • クレンジングフォーム
  • モイスチュアローション
  • モイスチュアミルク

その他

  • 歯ブラシ(2本)
  • カミソリ
  • ヘアゴム
  • コットンセット
  • ヘアブラシ
  • シャワーキャップ
  • マウスウォッシュ(2こ)
  • ローション(パウチ)
  • フェイスソープ

メインルーム

玄関の真前、カーテンで仕切られた向こうはメインルームになっている。

部屋のデザインはシンプル

暗い部屋の電気をつけると、リビングルームのようだ。アイボリーやナチュラルな木目を基調としていて、客室自体のデザインは非常にシンプルだ。

ミルキーウェイ206号室 メインルーム
ミルキーウェイ206号室 メインルーム

テーブルと、ソファ、それからテレビや精算機、レンジやお茶などが整然と並んでいる。棚にはアダルトゲームブランドA社による某タイトルのヒロインのイラストが飾ってある。どうやら公式イラストではなさそう……? 同人グッズだろうか。

またテレビの横にはたくさんの本が並んでいる。オタク雑誌、漫画雑誌、アウトドア雑誌などジャンルはごちゃ混ぜ。ラインナップが謎めいており、これもまた面白い。

ミルキーウェイ206号室 雑誌や漫画
ミルキーウェイ206号室 雑誌や漫画

これがマリンボール

ソファの向こう、部屋の奥には円形のベッドがある……のだが、これは普通の円形ではない。いわゆる「マリンボール」と呼ばれるものだ。

ミルキーウェイ206号室 メインルームから見えるのは……
ミルキーウェイ206号室 メインルームから見えるのは……

マリンボールは、ビケンズベッドが製造していた特殊ベッドの名称で、かぼちゃのように丸い球体状になっているのが特徴だ。ただし、証紙やプレートが見当たらず、このベッドがビケンのものかどうか、確証を得ることはできなかった。酷似しているものの、他社製で似たものも製造されているので判断は難しい。

ミルキーウェイ206号室 マリンボール
ミルキーウェイ206号室 マリンボール

このマリンボール、回転ベッドでもあるのだが、ここのものは動かなかった。もともと動いていないのか、それともどこかの段階で稼働しなくなったのかはわからないが、ベッド底を見た感じでは昔は動いていた可能性が高い。また、ヘッドボード周辺も張り替えなどされたように見受けられ、操作盤はもちろん、それがあったかどうかも判断は難しい。

ミルキーウェイ206号室 スイッチパネル
ミルキーウェイ206号室 スイッチパネル

また、頭側に3枚、足側2枚、それぞれ小さな円形の板が貼られていて、天井にも同じような板が貼られていた。他のラブホテルに置いてあった同型のベッドは、これらが全て鏡になっていた。おそらくはこれも鏡だったのだろうけれど、今は何もうつさないただの板だ。(余談になるが、島根のラブホテルは他県と様子が少し違う。風営法の規制が厳しい、という話を島根のとあるラブホテルオーナーから聞いたことがあるのだけれど、その影響だったりするのだろうか……?)

ミルキーウェイ206号室 小さな円は鏡だった?
ミルキーウェイ206号室 小さな円は鏡だった?

とはいえ、赤色の別珍は概ね残っていて、当時の残り香を感じるには十分すぎるくらいだ。ベッドの上でゴロゴロと当時の面影を楽しんでいると、布団の下にちらりと何かが見える。布団を少し上に捲ってみると、紫色のマットレスが。非常に艶やかな色味で、別珍を使用しているのも贅沢だ。マットレスまでこんなにこだわっているものとは、なかなか出会えない。銅板と、赤色のボディと、紫色のマットレス……なんて素晴らしいのでしょう。(あえて写真は載せないけれど、リネン屋さんのタグも可愛らしかった)

ミルキーウェイ206号室 艶やかなマットレス
ミルキーウェイ206号室 艶やかなマットレス

いずれにしても、このマリンボール、あるいはそれに類する同型ベッドが貴重なことには変わりはない。私が確認できている台数で言えば、全国で片手で足りるほどだ。まだ見ぬ場所に現存していたとしても、両手で足りるくらいだろう。

VRラブホ

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

まとめ

手入れも清掃もされていて心地よく利用できる上に、料金も手頃なホテルミルキーウェイ。他にも「平成アーバンラブホ」と呼べるような趣のある客室がいくつかあるので、何部屋かハシゴしたくなるような昭和遺産ラブホテルだ。携帯の電波は少し弱いがwifiが利用できる。島根・鳥取の旅の拠点にもおすすめ。

休憩・宿泊におすすめ
休憩 3,400円
(昼間2時間ほどの利用)
利用料金、設備は2020年訪問当時のものです。料金は、利用日・時間によって変わります。この記事の限りではありませんのでご注意ください。

ミルキーウェイ 詳細

島根県松江市美保関町下宇部尾517-4

https://localplace.jp/t000247391/photo/

 

当サイトへのご感想をお待ちしています!

いつもご覧いただいている方、初めてご覧いただいた方、よろしければご感想をお寄せいただけますと嬉しいです!

感想はサイトのコメント欄・SNSのDM・お問い合わせフォーム・マシュマロなどご都合の良い方法でお寄せください。

情報提供や「ウチのホテルも来てみて!」メッセージもお待ちしています!お気軽にお便りください。
ホテルミルキーウェイ 206号室
最新情報はTwitterで