ラブホテルを居抜きでパン屋に!momoのパン屋さん【福岡】

  • 2016年8月26日
  • 2020年5月20日
  • 福岡県
  • 2件

北九州市小倉南区。北九州市には7つの区があるが、その中で一番面積の広い区だ。市内で2番目に人口が多く、空港もある大きな町。交通が発展し、人口も増え……となると多いのが「ラブホテル」である。この町でも昭和遺産ラブホテルを探していたが、思わぬものと出会った。

空港のあった町

それは、旧北九州空港のあった曽根地区にほど近い葛原という場所。現在の北九州空港は北九州市小倉南区と京都郡苅田町にまたがる人工島にあるが、2006年までは曽根という地区にあった。現在でも曽根周辺では「空港」と名のつく建物が残っていたりする。老舗ラブホテル・ホテル空港もある……はずだった。

元ラブホテルのパン屋さん

大通りから少し入ったところに、「パン」と書かれたのぼりが数本立っている場所がある。白い壁が続くひっそりとした佇まいは、即時に”パン屋”と認識するには難しい見た目をしている。まるで郊外のモーテルのような、コンパクトな入り口に「momoのパン屋さん」の看板が掲げられている。ここが、元ホテル空港であり、現在はパン屋さんとして営業している「momoのパン屋さん」だ。

momo-no-panyasan - 1_s

そのまんまラブホテル!

中に入ると、いわゆる郊外のモーテルのつくりになっていて、ずらっとガレージが並んでいる。普通は部屋番号が書かれている場所には「お客様用」と書かれていて、現在ではお客さん用の駐車場になっている。

駐車場に車を停め、降りてまわりをみてみる。郊外のモーテルによくあるシャッターの昇降ボタンもあるし、奥には客室へ繋がっているであろうドアもある。どうみてもよくあるラブホテルの光景なのに、ここは正真正銘パン屋なのである。

momo-no-panyasan - 2_s

店内へ

その中に、綺麗に花が植えられてカントリー調に整えられた、パン屋さんっぽい一角がある。そろりとドアを開けるとふわっとパンの香りに包まれる。

momo-no-panyasan - 3_s

店内はシンプルかつコンパクトで、パンが綺麗に並んでいた。惣菜パン、菓子パンなど様々なパンがある。どれも美味しそうだけど、今回はピタパンとドーナツ、菓子パンの詰め合わせを購入した。

momo-no-panyasan - 4_s

ラブホテルからパン屋さんへ

momoのパン屋さんの店主さんは物腰の柔らかい、年配の男性だった。この男性がホテル空港のオーナーでもあった方だ。1970年代、先代であるお父さまがホテル空港を開業し、店主さんが30代のころ引き継いだ。その頃はちょうどバブルで大変好調だったそうだけど、不況のあおりを受け、4年前に自主廃業した。元々趣味でパンを焼いていた店主さんは、パン屋への転向を決意。ホテル経営時代に培ったDIY技術で、自らこのホテルのガレージの一つをパン屋に改装し、momoのパン屋さんをオープンした。現在では11組、60人もの生徒さんをかかえるパン教室の先生もされている。

DIY精神はとどまることをしらない

パン屋さんをDIYで作った店主さんは「今ピザ釜作ってるんだよ」と、外へ案内してくれた。案内してくれた先は、さっき車を停めた駐車場の隣のガレージだ。中を覗くと、確かにピザ釜がある!

momo-no-panyasan - 5_s

店主さん「パン教室の生徒さんとか、粉屋さんとかも手伝ってくれてさ」

momo-no-panyasan - 6_s

ピザ釜でピザを焼く際に使用するピザパドルもあり、本格的だ。

あまみ「ピザパドルもあるんですね!すごい!」
店主さん「これも作ったんだよ、ここの板を剥がして材料にしたんだ」

店主さんが指差す方向を見ると、シャッターのケースの端っこに穴があいている。本当になんでも作っちゃうみたいだ。店主さんのDIY精神は、すごい。

momo-no-panyasan - 7_s

購入したパン

今回購入したパンは、宿泊先で実食。手のひらサイズの小ぶりなパンは、女性や子供に食べやすい大きさ。惣菜パンは具材がぎゅうぎゅうに詰まっていて、見た目のサイズより満足感がある。菓子パンは、やさしい甘さでティータイムやおやつにピッタリ!ごちそうさまでした。

momo-no-panyasan - 8_s

momo-no-panyasan - 9_s

まとめ

ラブホテルから居抜きでパン屋へ転向した、珍しいお店。パン教室は月1回1,500円(材料費込み)と超お手頃価格!パンづくり・ものづくりが好きなエネルギッシュな店主さんに会いに行ってみてほしい。

momoのパン屋さん

住所:福岡県北九州市小倉南区葛原東4丁目8−27
電話:093-471-1717
営業時間:9:00〜19:00
定休日:月曜日、第4日曜日

私が発行している昭和遺産ラブホテルの同人誌をBOOTHにて販売中です!

現在、一部作品については送料無料にてお届けしています。この機会にぜひご利用くださいませ。

あまみのラブホ探訪vol.3
奈良県の老舗ラブホテル「アイネ香芝店」「アイネ五條店」を総力特集!室内の紹介・レポートに加えて、この二店のオーナーと五條店スタッフへのインタビューも掲載しています。

回転ベッドは恋人たちの夢を見るか?
昭和遺産ラブホテルで、今もまだ生き残る回転ベッドをまとめた写真集。28ページに渡って、現代に残る貴重な回転ベッドをご覧いただけます。

ラブホの手帖シリーズ
昭和の趣の残るラブホテル=「昭和遺産ラブホテル」の細部をまとめるシリーズ「ラブホの手帖」。

BOOTHページでみてみる

最新情報はTwitterで