MENU
カテゴリ

【エンゼル】最高にムーディーでモダンなお部屋!107号室【三重・伊勢】

このホテルは2019年閉業、2020年解体されました。今までありがとうございました。

伊勢市にある、大好きな昭和遺産ラブホテル「エンゼル」の一室。前回の106号室から、またはしご入室をして、この107号室に。

目次

いざ、107号室へ

今回ご紹介するのは107号室。エンゼルはワンルームワンガレージなので、ガレージへ駐車して奥のドアから部屋へ入室。ほんのりとあかりの灯る室内へ移動する。

バスルーム

エンゼルではおなじみの、ガラス張りバスルームだ。他の部屋に比べて、少しコンパクトではあるが充分なサイズのバスルームだ。ガラスが驚くほどにクリアーで、中が丸見えだ。ほんのり黄味がかった照明が色っぽくて雰囲気がある。

enzeru107-3

アメニティ

アメニティは、女性用化粧水・乳液・メイク落とし・洗顔料と、男性用ヘアトニック・ヘアリキッド・スキンミルク・シェーブクレンジングがそれぞれボトルで設置されていて、その他にレディースセット、ハブラシ、カミソリ、ヘアキャップもある。

enzeru107-5

ベッド

ベッドは円形。これは回転をしないタイプだった。昔からそうで、元から回転ベッドではない、普通の円形ベッドとのこと。周囲にはスキン販売機、テレビが設置されている。

enzeru107-1

部屋自体はシンプルだが、ベッドから放たれる色香に息を呑む。花の模様があしらわれた真っ赤なベルベッドに、なめらかなラインの間接照明、照明があらわす陰影……そのすべてが美しい。

enzeru107-4

ベッドを見上げると……

ベッドを見上げると、そこにはセクシーな女性が描かれた照明が。カラフルな色使い、時代を感じる作風に、ついつい見入ってしまう。

enzeru107-2

ムーディーな空間を満喫する

特別なギミックや娯楽のあるお部屋ではないけれど、思わず見入ってしまう美しさに身を委ねることができる107号室。ゆったりとした気分でムーディーな空間を満喫できるので、アダルトな紳士淑女におすすめの一室。

エンゼル

三重県伊勢市

このホテルは2019年閉業、2020年解体されました。今までありがとうございました。
閉業・解体に際して、現地にお住まいの方が情報提供をしてくださいました。遠方在住ですので、大変ありがたかったです。閉業・解体については残念ですが、その最期を知れたことにほっとしています。ありがとうございました。
couples

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

昭和の趣の残るラブホテル=昭和遺産ラブホテルの記録・レポートをするユニット「終末トラベラー」主宰。昭和遺産ラブホテル、終末観光地の記録をしています。昭和遺産ラブホテル同人誌「あまみのラブホ探訪」の発行、トークイベントなどもしています。

コメント

コメントする

目次
TOP
目次
閉じる