MENU
カテゴリ

【アイネ五條店】310号室の別室をご案内!【奈良・五條市】

訪問後2年以上経過している記事です。料金・内装・サービスなど、状況が変わっている場合があります。悪しからずご了承ください。

前回は、310号室のメインルームについてレポートしたが、今回は別室について。

ホテルアイネについては「あまみのラブホ探訪vol.3」でも詳しく記述しています。ぜひごらんください!

あわせて読みたい
ホテルアイネ五條店・香芝店を総力特集!あまみのラブホ探訪vol.3発売 2015年10月、2016年6月に続き、あまみのラブホ探訪vol.3が2016年12月発売となります! 【奈良・ホテルアイネを総力特集!】 今回は、奈良県のホテルアイネ五條店・香芝...
目次

別室

メインルームにある、某航空会社っぽいロゴのついたドアをあけると、そこが別室。こちらは至って普通の部屋。二人掛けソファが置かれていて、ある意味こちらの部屋の方がラブホらしい雰囲気である。

gojo_aine_002_01

備品

この部屋には、レンジやTV、冷蔵庫などが置かれている。TVの下には、カラオケの本、落書き帳、デリバリーヘルスの案内本なんかが設置されてる。

gojo_aine_002_02

サービス

コーヒーとお茶、お菓子もサービス。冷蔵庫には無料のミネラルウォーターもある。備品のコップがファンシーで可愛い。

とにかく見所が多い!

この部屋の床のカーペットの柄がすごく可愛かった。懐かしさを感じるデザインで、サイケな色づかいも素晴らしい。別室に設置されてる冷房も、とても渋い。ナショナル時代のものだ。こういうのもだいぶ見かけなくなってきた。

gojo_aine_002_05

エアシューター

ここにはエアシューターがあるけど、現在、精算は入口に設置されている自動精算機でします。

水回り

ドアを開いてすぐ左手に洗面台。

トイレは右手。洗面台下にはガウンなどが置かれている。ちなみに、お風呂とトイレのドアには、結構な段差がある。ボーッとしてると踏み外してしまうのでご注意を。

バスルーム

洗面台と同じく真っ赤なバスタブ。バスルームはメインルームから、ステンドグラスを通してのぞけるようになっている。赤のバスタブが映えて、とっても美しい!こだわりを感じます。

gojo_aine_002_09

まとめ

休憩・宿泊におすすめ
休憩 4,050円
(週末、昼間2時間ほどの利用)
利用料金、設備は2015年訪問当時のものです。料金は、利用日・時間によって変わります。この記事の限りではありませんのでご注意ください。

ホテルアイネ五條店

住所:奈良県五條市相谷町678
電話:0747-22-1621

couples

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

昭和の趣の残るラブホテル=昭和遺産ラブホテルの記録・レポートをするユニット「終末トラベラー」主宰。昭和遺産ラブホテル、終末観光地の記録をしています。昭和遺産ラブホテル同人誌「あまみのラブホ探訪」の発行、トークイベントなどもしています。

コメント

コメントする

目次
TOP
目次
閉じる