アイネ五條310号室で宇宙遊泳を楽しもう!【奈良・五條市】

公開後2年以上経過している記事です。料金・内装・サービスなど、状況が変わっている場合があります。悪しからずご了承ください。

ホテルアイネについては「あまみのラブホ探訪vol.3」でも詳しく記述しています。ぜひごらんください。

ホテルアイネ五條店・香芝店を総力特集!あまみのラブホ探訪vol.3発売

国道24号を、和歌山橋本方面へ走ると、「五條市相谷町天女山」と書かれた看板が見える。

道順

国道24号から脇道へ

快走しているとうっかり通り過ぎてしまいそうな細い道がアイネへの道。細い道に入り奥へ進むと、控えめな「HOTEL アイネ」への看板を確認できる。

gojo_aine001_01

矢印に沿って左折

道なりに細い山道を登っていく。こんな山奥に、本当にラブホテルがあるのか……心配になってしまう方もいるかもしれない。でも、すぐにホテルアイネ五條店がお目見えする。

gojo_aine001_02

到着

ラジウム温泉の看板が掲げられている右手の駐車場は、ビル形式・パネル選択式の3~5階の部屋用。左手はワンルームワンガレージ式の2階の部屋用の駐車場になっている。さて、今回入室するのは310号室。毎度毎度入室中になっており、今回は予約しての入室。念願叶う時が来た!

駐車場から、部屋パネルの前まで行き、横のインターホンから予約したことを伝えると、「今開錠しますのでご入室ください」と言われたので早速310号室に向かう。

310号室、入室

な、なんだこれは……!!天井も床も鏡張りで、まるで宇宙空間だ。天井は、星空を模した電飾「星空天井」がある。部屋のメインの照明を落とすと、より宇宙空間らしさを満喫できる。すばらしい!

gojo_aine001_04

別室もある

部屋の中に、飛行機に見立てたような窓のある別室も。

この部屋はパーティールームでもあるので、メインルームには大型TV・DAMが完備されている。別室はくつろぐための部屋といった感じのつくりだ。別室への扉には、某航空会社のロゴっぽいものが描かれている。

gojo_aine001_05

ベッド

ベッドのヘッドボードはスペースシャトルのシルエット。カラフルなパネルで飾られていて、ポップで可愛い。

gojo_aine001_07

昔は別のベッドを置いていた

従業員の方にお聞きしたところ、元々、この部屋に設置されていたベッドは、スペースシャトル型だったそう。床にレールをひいていたころの名残があった。現在は、怪我防止のために、レザーでレールを埋める処置をしている。この部屋でスペースシャトルベッドが前後するなんて、考えただけでも興奮してしまう。在りし日の姿を想像してみるのも粋な楽しみ方。

ここに注意!

310号室は人気のお部屋なので、来店時は予約すると確実だ。部屋番号と時間を指定すると、お部屋を確保してもらえる。国道24号線からアイネへ行く道は細いので、運転に不慣れな方は注意してほしい。また、ネット上では五條アイネアイネホテル天女山アイネ五條店等、様々な呼称が存在するので、検索する際はいろいろ試してみて。

まとめ

休憩・宿泊におすすめ
休憩 4,050円
(週末、昼間2時間ほどの利用)
利用料金、設備は2015年訪問当時のものです。料金は、利用日・時間によって変わります。この記事の限りではありませんのでご注意ください。

ホテルアイネ五條店

住所:奈良県五條市相谷町678
電話:0747-22-1621

私が発行している昭和遺産ラブホテルの同人誌をBOOTHにて販売中です!

あまみのラブホ探訪vol.3
奈良県の老舗ラブホテル「アイネ香芝店」「アイネ五條店」を総力特集!室内の紹介・レポートに加えて、この二店のオーナーと五條店スタッフへのインタビューも掲載しています。

回転ベッドは恋人たちの夢を見るか?
昭和遺産ラブホテルで、今もまだ生き残る回転ベッドをまとめた写真集。28ページに渡って、現代に残る貴重な回転ベッドをご覧いただけます。

ラブホの手帖シリーズ
昭和の趣の残るラブホテル=「昭和遺産ラブホテル」の細部をまとめるシリーズ「ラブホの手帖」。

BOOTHページでみてみる

最新情報はTwitterで