モータリストホテル香芝【奈良・香芝市】

奈良県香芝市にある「アイネ香芝店」に行ったときのこと。周辺のラブホテル街をぐるっと一周しているときに、木々の中に看板が見えた。

「モータリストホテル香芝」と書かれていて、看板の下部にはうっすらと矢印が描かれている。矢印は、西に向かって伸びていたが、今は林やグラウンドがあるだけだ。

帰って調べると、数年前までグラウンドのところにコテージタイプの廃ホテルがあったということ、そしてそこが「モータリストホテル香芝」という名前であったことを知った。

10年前の航空写真を参考に見てみると……。

右にアイネ香芝店、左にモータリストホテル香芝と思われるもの。緑に覆われているものの、コテージタイプらしき建物群が確認できる。

1985年まで遡ってみてみると、確かにコテージタイプの建物群が。区画整理が進んでいて、昨今の香芝インターチェンジのラブホテル街形成の歴史が垣間見える。

1984年、1983年時点でも建物群は確認できる。

一気に1971年まで遡る……と、そのときにも存在は確認できた。ちなみにアイネ香芝店は1980年オープンなので、この頃はもちろん存在していない(「あまみのラブホ探訪vol.3」参照)
1971〜2008年までの存在は確認できた。正確なオープン時期・廃業時期がわからないのでなんとも言えないデータではあるが……。

今はそこに残る看板や、空中写真などからしか知ることができないものの、存在していたという歴史自体を確認できたのは素直に嬉しい。

私が発行している昭和遺産ラブホテルの同人誌をBOOTHにて販売中です!

あまみのラブホ探訪vol.3
奈良県の老舗ラブホテル「アイネ香芝店」「アイネ五條店」を総力特集!室内の紹介・レポートに加えて、この二店のオーナーと五條店スタッフへのインタビューも掲載しています。

回転ベッドは恋人たちの夢を見るか?
昭和遺産ラブホテルで、今もまだ生き残る回転ベッドをまとめた写真集。28ページに渡って、現代に残る貴重な回転ベッドをご覧いただけます。

ラブホの手帖シリーズ
昭和の趣の残るラブホテル=「昭和遺産ラブホテル」の細部をまとめるシリーズ「ラブホの手帖」。

BOOTHページでみてみる

最新情報はTwitterで