【ホテルアーバン】ホテル名に恥じぬアーバンな雰囲気を堪能しよう!103号室【三重・伊勢】

県道37号からのびる、生活道のような細い道を入ると、80sぽいフォントで「アーバン」と書かれた看板が見える。

少し前にもアーバンには来たのだけど、目的の部屋が入室中だったので、改めて訪れた。

urban103_001

アーバンはモーテルタイプなので、目的の部屋の駐車場の前に車を運ぶ。103号室の駐車場には車はとまっていなかった。ここには回転ベッドがあるとの噂で、3度訪れてやっとこ入室にこぎつけた。嬉しい!

ガレージ

駐車場に部屋のパネルはなく、無愛想なフォントで部屋番号と料金が書かれているだけ。そそくさと車を停めて、シャッターを下ろし、奥の扉をあける。広い廊下があり、目的の部屋の番号がチッカチッカと音をたてながら点滅している。

室内

103号室の扉を開ける。小さい玄関があり、さらに扉がある。その扉を開けると目の前には、ベルベット調チェア、テレビ、そして古めかしいクーラーしかない。

urban103_002

ベッド

左手に鏡で仕切られた空間があることに気付き、興奮のあまりそこへ駆け寄る。回転ベッドか?!

urban103_003

あれ?回転ベッドは?これ普通のベッドやないの!!!!!おかしいな……確かに103だったはずなのに……。えええ……?

予想外の出来事にうろたえても、もう時間のカウントは始まっているし、これはこれで良いところを探し出すしかないのである。そんなわけで、テンション下がったけど部屋の探索開始。

アーバン度が高い!

ベッドのボディ、ヘッドボードあたりの装飾、天井はベルベット調で統一されていて、ベッドエリアは鏡張り、四隅にはミラーボールがぶら下がっている。ミラーボールは、スイッチをオンにするとキーキー音を立てながら回る。部屋の照明が何回も反射して輝かしい。「アーバン」という名に恥じない、アーバン度の高さなのだ。

urban103_004

水回り

トイレとバスルームは玄関入って左手。今時珍しいタイル張りで、元々海をイメージした部屋だからか、タイルは青や紺のものが使われている。

バスルーム

バスルームのガラスには、エロティックな女性のイラストが施されていた。バスルームの青いタイルを透かして見ると、人魚姫のようでとても美しい。

urban103_005

リンスインシャンプー、ビオレ、ハンドソープがあり、必要最低限という感じ。男性だと気にしない人もいるかもしれないが、女性だといろいろ用意して行った方がいいかもしれない。ただ、歯ブラシ、ヘアゴム、カミソリ、シャワーキャップ、ヘアブラシはあるし、ドライヤーも(昔からあるビジネスホテルにあるようなもの)一応備わっている。

サービス

冷蔵庫は小さいもので、中にはサービスのミネラルウォーターが1本入っていた。他にサービスのものは、あめちゃんの詰め合わせがあった。パートのおばちゃんがセットしてるんだろうなぁと思うと、なんとも愛おしい気持ちになる。

会計

一通り堪能し、退室の電話をかける。電話口にでたおばちゃんに、退室する旨を伝えたあと、回転ベッドについて尋ねると、もうだいぶ前に撤去したとのこと。残念だけど、だいぶ前ならすんなり諦められる。

まとめ

回転ベッドはなかったものの、部屋の空気や内装は昭和の名残があり、落ち着いた昭和空間を堪能できる部屋になっている。ゆっくりとくつろぎたいときには是非アーバン103号室に入室してみてほしい。

休憩におすすめ
参考価格:休憩 3,650円 (昼間2時間ほどの利用) 利用料金、設備は2015年訪問当時のものです。料金は、利用日・時間帯によって変わります。この記事の限りではありませんのでご注意ください。

アーバン

住所:三重県伊勢市小俣町湯田1297
電話:0596-28-3551

更新情報

2018/11/19 一部修正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA