MENU
カテゴリ

【岡山市南区・ホテルロダン 232号室】可愛い部屋×欲望渦巻くバスルーム!

岡山市南区にある「ホテルロダン」。

住宅街と幹線道路に挟まれて営業するホテルロダンは、古城のような佇まい。その名を連想させる「考える人」の像も設置されている。

そんなホテルロダンの232号室をラブホ探訪してみた。可愛らしいヘッドボードのついたベッドが特徴のこの部屋、実際はどんな雰囲気なのだろうか。

目次

まずは駐車

ロダンは、ワンガレージワンルーム(モーテルタイプ)だ。232号室のガレージへ車を停める。
ただ、この232号室と233号室のみ別棟になっているので、ガレージは分かれているものの、棟に入る階段は2室共用になる。

結構デカいのでびっくりする

232号室ガレージ横のドアを開けると、すぐに階段。踊り場には、彫刻が置かれているのだけど、そこそこの大きさと存在感があるので結構ビックリする。

いざ、入室

階段を上りきると、232号室のドアが。玄関にはロダンのロゴが入ったスリッパが並んでいた。

室内は広くもなく、狭くもなく、2人で過ごすには十分な広さだ。美しい彫刻作品もあって、ムーディーな演出がなされている。

ベッド

ベッドは部屋に入ってすぐの場所にある。ブルーのボディが涼やかだ。目元に特徴的な白いポイントがある。これは……シャチかな?

スイッチパネルは暖色をメインに、ポップな印象。ヘッドボードともよく合う、素敵なカラーリングだ。

ベッドサイドにはテレビとともに、お茶セットが置かれている。冷蔵庫は自販機タイプのみ。電子レンジもこの部屋には設置されておらず(232、233号室以外には設置されている)、本当に必要最低限の設備といった感じだ。

ただ、他の部屋のパネルを見る限り、岩盤浴設備のある部屋もあったりするので、客室によってかなり違いがある。

マッチ

ロダンはロゴ入りのマッチと灰皿がある。淡いグリーンとゴールドがエレガントで素敵なマッチ。

水まわり

水まわりへのドアを開けると、左手に洗面台、右手にバスルーム、一番奥はトイレになっている。
トイレはウォシュレット付き。広さも一般的で、綺麗に清掃されている。洗面台は少しコンパクトではあるが、使用するに申し分ない広さ。

アメニティ

男性向(ボトル設置)

  • 化粧水ジェル
  • 養毛剤

女性向(ボトル設置)

  • 化粧水
  • 乳液
  • 泡洗顔
  • メイク落とし
  • フェイス&ハンドソープ

その他

  • 歯ブラシ(2本)
  • カミソリ
  • ヘアゴム
  • コットンセット
  • ヘアブラシ
  • シャワーキャップ
  • マウスウォッシュ
  • ボディスポンジ

バスルーム

バスルームは、ラブホテルではごくごく一般的というか、よくある広さ。バスタブも、大人二人でも入れるくらいの広さはある。

一見普通のバスルームなのだが、よくよく見ると、壁と床にL字になるような形で鏡が貼られている

壁側の鏡には、ご丁寧に手すりまで設置されているのだ。床の鏡をまたいで、壁の手すりを持って……みなまでは言わないけれど、これを考えた人は本当に好色家なのだろう。

そんなことを思いながら、隅にあるすけべ椅子に目をやる。「えっ!?なにこれ!」と思わず声が出た。

だって、すけべ椅子のくぼみに、鏡が貼られているのだ。どこまで、アレを見たいのか。そうまでして、アレコレ見たいのか。

予想外に「底なしの欲」と対峙してしまって、思わずたじろぐ。室内の可愛さと、バスルームにうごめく性への探究心のギャップにくらくらする。オーナーは、エロいことを考えるのが好きだったのだろうな……なんて、ぼやっと考えてしまった。

思わずマンピース

まとめ

一見、可愛らしい室内にときめくロダン232号室だが、欲望渦巻く卑猥なバスルームとのギャップが面白い一室!本当にすけべな「すけべ椅子」をぜひ実際に見てほしい。

休憩・宿泊におすすめ

参考価格

3,800円 (昼間2時間ほどの休憩利用、エアシューターでの会計)
利用料金、設備は2018年訪問当時のものです。料金は、利用日・時間帯によって変わります。この記事の限りではありませんのでご注意ください。

訪問後2年以上経過している記事です。料金・内装・サービスなど、状況が変わっている場合があります。悪しからずご了承ください。

ホテルロダン

住所:岡山県岡山市南区泉田386-2
電話:086-241-6668

couples

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

昭和の趣の残るラブホテル=昭和遺産ラブホテルの記録・レポートをするユニット「終末トラベラー」主宰。昭和遺産ラブホテル、終末観光地の記録をしています。昭和遺産ラブホテル同人誌「あまみのラブホ探訪」の発行、トークイベントなどもしています。

コメント

コメントする

目次
TOP
目次
閉じる