【Yes We Can 茨木店】大阪万博の副産物の名ラブホ!バニーガールが可愛い 35号室【大阪・茨木】

大阪・茨木市には名神高速道路の茨木ICがあり、その周囲には、数軒のラブホテルが点在している。今回はその中の一つ、「Yes We Can 茨木店」の35号室へ。

Yes We Can 茨木店は、ワンガレージワンルームと、パネルで部屋を選ぶビルタイプの混合型。今回訪れた35号室はビルタイプの棟にある。フロントには、サービスのドリンク・駄菓子・入浴剤があるので、好きなものをとって部屋に向かう。エレベーターは、かなり雰囲気があって、古き良きタイポグラフィやロゴが好きな人には、部屋までの共用部分でもすでに楽しめそうだ。

玄関

玄関入ってすぐ左手には、バニーちゃんのステンドグラス風ドアが。この素晴らしいドアを開くと、広々とした昭和ルームが広がる。

yeswecanibaraki_001

水回り

部屋の左手に洗面台、右手にはバスルーム。脱衣所などはないけれど、その分部屋が広々としている。

バスルーム

バスルームも比較的ゆったりで、バスタブは大人二人が入ってもゆっくり浸かることができる広さ。定番黄金のスケベ椅子も完備。

トイレ

その代わり…というのも変だけど、トイレはちょっと狭めだった。でもトイレのドアにはカジノやバニーガールを思わせるトランプ柄が。ちょっとしたことだけど、こういう装飾は部屋にテーマを持たせるには必須だと思う。素晴らしい!

yeswecanibaraki_002

ベッド

yeswecanibaraki_003

ベッドの横には年代を感じてしまう、色褪せたバニーちゃんの写真が飾られている。玄関横のステンドグラス風バニーちゃんは、おそらくこれをトレースしたものだろう。天井には花柄のパネルの装飾があって、金色の縁取りがされている。金の縁取りの部分は、部屋の写真などを見たところギラギラと光ってたはず……なんだけど、金の縁取りの豆電球はすべて外されていて、写真のギラギラ感はなかった。うーん、残念。

拘束椅子も

また、この部屋にはSM用拘束椅子が置いてある。天井に鏡が貼ってある箇所があるので、これを併用したら刺激的な夜を過ごせるかもしれない。

注意

こちらの部屋には、出前受取口がないので、フードを頼んだら玄関での受け取りになる。スタッフさんは良い雰囲気の方なので問題はないが、シャイな方は心づもりをしておいたほうが良いかもしれない。

会計

会計は、現金の場合は部屋の自動精算機、クレジットカードの場合は、フロントへ電話してカード決済を申し出て、カード会社を伝えたあと、1階フロントで精算となる。

開業は大阪万博のころ

退室時にスタッフさんから伺ったところ、この周辺のラブホテルの多くは、大阪万博のころに開業したそう。このYes We Can 茨木店も、改装に改装を重ね、今日まで営業してこられたそうだ。(ちなみに、3年ほど前まではアムールという名前で営業されていた)
階段も当時の趣を感じられる素敵なものだった。

yeswecanibaraki_005

Yes We Can 茨木店

住所:大阪府茨木市五日市緑町4-26
電話番号:072-625-1821
http://yes-ibaraki.com/

[amazonjs asin=”4309727727″ locale=”JP” title=”日本万国博覧会 パビリオン制服図鑑—EXPO’70 GIRLS COLLECTION (らんぷの本)”] [amazonjs asin=”4778036131″ locale=”JP” title=”太陽の塔 (小学館クリエイティブビジュアル)”]
couples

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA